コンテンツ

キャビテーションとは

キャビテーションとは、現在、欧米などでは痩身機器の主流になりつつあるシステムで水中に特種な超音波を当てることで極めて小さな気泡や空洞ができたり、消えたりする現象のことです。
多数の気泡が弾けるときに生じる力が効果的に脂肪細胞膜やセルライトに働きかけ脂肪と水分を乳化させます。
乳化した脂肪はリンパ液や血液によって排出されたり、エネルギーとして使われたりし、一度乳化した脂肪は、ほとんど固体には戻らないと言われています。日本では主に美容外科で脂肪吸引に代わる施術として行われており、それだけ安全・安心で確実に痩せることが出来る方法です。

施術の流れ

STEP 1:キャビテーションシステムをあてる

STEP 1:キャビテーションシステムをあてる

痛みや熱さなどは一切ございません。

矢印

STEP 2:キャビテーションがおきる

STEP 2:キャビテーションがおきる

超音波で脂肪細胞内にアワをいっぱい発生させ、
そのエネルギーで脂肪細胞を液状化します。

矢印

STEP 3:脂肪が脂肪細胞から出る

矢印

STEP 4:脂肪と水分が乳化する

STEP 4:脂肪と水分が乳化する

通常の超音波やもみほぐしでは乳化することができない脂肪を、
キャビテーションで乳化します。
その結果脂肪細胞、老廃物、セルライトがドロドロ溶け出していきます。

矢印

STEP 5:リンパに入る

STEP 5:リンパに入る

脂肪に蓄積された老廃物(セルライト)がリンパに入り、
血液・リンパ液の流れをスムーズに改善します。
施術後の部分に触れて頂くと驚くほど柔らかくなっており
皆様その効果に驚かれます。

矢印

STEP 6:老廃物として排泄

溶け出した脂肪細胞、老廃物は48時間以内に運動をしたり代謝をアップさせることにより排泄する時が出来ます。